そろそろ100日間が経ちました

夏の暑さも少し穏やかになり、涼しくなってきました。スピードラーニングの第5巻、「家族と友達の会話」が届きました。

早速聞こうかと思いましたが、その前にやりたいことがあったのを思い出しました。そろそろスピードラーニングを聞きはじめて100日くらいになります。自分が英語耳になってきているのかさっぱりわからないのですが、スピードラーニングはユーザーサポートが充実していて、外国人スタッフとのフリートークレッスンが電話でできるのです。1回5分で月2回まで無料だそうです。最初に届いた青いカタログ「Speed Leaninng English」のご案内と自分の会員ナンバーがわかるものを用意しました。

「Speed Leaninng English」のご案内の後半にユーザーサポートのページがあり、外国人スタッフとの電話英会話のフリートーク専用ダイヤルが掲載されていました。

外国人スタッフと電話英会話レッスン

今、一番聞いているのは先月届いた第4巻「文化の違い」です。ホントに聞き流すだけですがほぼ毎日、スピードラーニングを聞いているのは間違いないです。どきどきしながら、コードレス電話のボタンを押しました。

「Hello!」元気の良い、女性の声が英語で電話から流れてきました。最初は日本人スタッフから取り次ぐのかと思っていたので、あわてて何か私も英単語を並べて答えました。何か、番号を聞いてくるので「4,4(フォー、フォー)」と答えていたのですが、何か違うようです。

もしかして・・と思い、日本語で「お客様番号ですか?」と話してしまいました。彼女も日本語がわかるらしく、「yes」と答えてくれました。今度は私も英語で会員ナンバーと名前を答えました。スピードラーニングの会員か最初に確かめないとレッスンはできませんものね。

その後何やら英語で聞かれたのですが、私が「4」と「yes」を答えると、彼女は聞き慣れた、第4巻「文化の違い」の文章を話し始めました。「My husband broke my・・・」オウム返しに私も同じ文章をしゃべります。発音や言い方が違うときは彼女は繰り返して話してくれました。耳なれた英語なのでなんだか落ち着いてしゃべることができました。

あっという間に5分が過ぎたのか、彼女が「good job」と声をかけてくれ、英語でなんとなく終わりの挨拶をして電話を切りました。後で日本人スタッフに電話をして電話英会話レッスンについて内容を確認しました。

外国人スタッフによる電話英会話レッスンはスピードラーニングの内容のレッスン&リピートと単純に英語でフリートークをする、2種類あって、会員ナンバーを確認したあとにどちらにするか聞かれるそうです。今回、私は第4巻のレッスン&リピートをうけたのでした。

これだったら、最初の「日常英会話」からレッスンできましたから、もっと早くやればよかったなと悔やみました。先ほどの優しい女性の先生はアイボリーさんという名前だそうです。今度はフリートークにも挑戦してみたいです。

第5巻、「家族と友達の会話」を聞いてみました

落ち着いたところで、届いたばかりの第5巻、「家族と友達の会話」を聞き流してみました。まずは英語→日本語のCDです。

夫婦でグレッグ君という12才の息子の育て方についていろいろ話し合うシーンがあり、子育て世代の私には興味深い内容でした。お父さんは子供に何でも買ってあげたい・・お母さんは愛情の方が大事であるとか、逆にお母さんは早くから進学校に行かせたい・・お父さんはまだ子供だし、環境を変えるのはよくないとか・・アメリカでも親心は一緒だなぁと考えさせる内容でした。

あとアメリカと日本の中学生くらいの子供同士が高校進学、受験勉強の悩みについて話し合ったり、家族でピクニックや誕生日のプレゼントの会話など、身近な内容で心にしみていく感じがしました。しっかり?聞き流したあとは、声に出して練習してみようかなとか思っています。初めての外国人スタッフとレッスン&リピートでしたが、声にしてみると英語が頭にはっきり響いて気持ち良かったです。

 

次のページ第6巻 フレンドシップへ⇒

 

Copyright (C) スピードラーニング 私の効果は?感想&レビューです。. All Rights Reserved.