第4巻は「文化の違い」です

第4巻「文化の違い」が届きました。この前の第3巻「オフィスの英会話」は話の内容的には私はオフィスで勤務したことがないし、今後アメリカで商談なんてありそうもないなと思い、少々興味が薄かったというのはありました。今回の表紙はバーベキューしている日本人の男性とアメリカ人の女性が楽しそうにしている写真で、どんな内容か楽しみです。

いつもCDラジカセか、カーナビでスピードラーニングを聞いているのですが、そろそろ新しい聴き方も試してみたくなりました。最初にスピードラーニングが届いたときについてきたデジタルミュージックオーディオプレーヤーを試してみることにしました。

「デジタルミュージックオーディオプレーヤー」ってどう使うの?

実はイヤホンがあまり好きではなく、iPod等のデジタルミュージックオーディオプレーヤーは使用したことがありません。音楽はレンタルショップで音楽CDをレンタルする程度で、パソコンや携帯でのダウンロードもしたことがないのです。

このスピードラーニングについてきたオーディオプレーヤーにはオン、オフのスイッチなどの簡単な使用方法が書いた紙はありましたが、音楽の取り込み方の説明書はありません。

キャップを外すとUSBメモリみたいな感じです。単4電池はうちにあったものを入れてみました。

試しにちょっとイヤホンをつないで聞いてみると、「第1巻 日常英会話」の内容が聞こえてきました。もう既にサービスで音声データが入っているようです。ランプが青く点滅し、聞き慣れた英語が耳に入ってきます。

電池を抜いて、オーディオプレーヤーをUSBメモリのようにパソコンにつないでみると、視聴用CDや、最初の100日間の聞き方もmp3で入っていました。インターネットの検索エンジンで「mp3 変換 結合」とかで検索するとパソコンで音楽CDからデータに取り込むやり方がわかりました。早速「第4巻文化の違い」を取り込んでオーディオプレーヤーで聞いてみることにしました。

お互いの文化の違いを知り、認め合いましょう

デジタルミュージックオーディオプレーヤーでスピードラーニングを聞くために100均ショップでストラップやケースを買い込みました。これでちょっと散歩や簡単な家事の合間もスピードラーニングを聞くことができます。

「Diffrent Cultures〜文化の違い・・」ゆっくり音声が流れてきます。日本での日常生活がアメリカ人とはどのように違うのか二人の会話を通していろいろわかります。

「働き過ぎ」「食べるときに音をたてること」「友達とハグする」ハグ(抱き合うこと)なんて日本の日常にはありえませんから少し驚きました。

「人前でたばこを吸うこと」これなんかは、かなり昔からアメリカでは禁煙が浸透していたのだなと実感しました。今、日本でもアメリカを追いかけるようにどこでも禁煙となっています。外国語を学ぶのは相手の文化を知り、認め合うことも重要だなと強く感じました。

 

次のページ第5巻 家族と友達の会話へ⇒

 

Copyright (C) スピードラーニング 私の効果は?感想&レビューです。. All Rights Reserved.